愛に時間を – 性に奔放なハインラインもこれはやり過ぎ

投稿日: カテゴリー

愛に時間を (1)(2)(3) / ロバート・A・ハインライン / 矢野徹訳 / ハヤカワ文庫SF / 各460円 カバー: 野中昇 Time Enough for Love by Robert A. Heinlein, 1973 メトセラの子供、ラザルス・ロング物。 『2001夜物語』に収録された … “愛に時間を – 性に奔放なハインラインもこれはやり過ぎ” の続きを読む

ビブリア古書堂の事件手帖(3) -栞子さんと消えない絆-

投稿日: カテゴリー

ビブリア古書堂の事件手帖(3) -栞子さんと消えない絆- / 三上延 / メディアワークス文庫 / 550円+税 イラスト: 越島はぐ / デザイン: 荻窪裕司 『たんぽぽ娘』市場で競り負けた絶版文庫の束から『たんぽぽ娘』だけが抜き取られ、栞子さんが犯人と疑われる。 犯人の隠し方が巧いです。単に隠す … “ビブリア古書堂の事件手帖(3) -栞子さんと消えない絆-” の続きを読む

ZOO – オールタイムベスト級の「陽だまりの詩」

投稿日: カテゴリー

ZOO 1 / 乙一 / 集英社文庫 457円+税 ZOO 2 / 乙一 / 集英社文庫 419円+税 デザイン: 松田行正   北上次郎の名コピー「何なんだこれは。」でとても気になっていた作品。そして初めての乙一です。 どの作品も予想を裏切る舞台背景や展開、不思議なカタルシスに満ちていて … “ZOO – オールタイムベスト級の「陽だまりの詩」” の続きを読む

ビブリア古書堂の事件手帖 2 -栞子さんと謎めく日常-

投稿日: カテゴリー

ビブリア古書堂の事件手帖 2 -栞子さんと謎めく日常- / 三上延 / メディアワークス文庫 / 530円+税イラスト: 越島はぐ / デザイン: 荻窪裕司 シリーズの鍵となる栞子さんの母親が小出しにされます。最初は残した『クラクラ日記』や肖像画程度の謎の人物ですが、『UTOPIA』の回で古書の知識 … “ビブリア古書堂の事件手帖 2 -栞子さんと謎めく日常-” の続きを読む

ネットの中の島々

投稿日: カテゴリー

ネットの中の島々 (上)(下) / ブルース・スターリング / 小川隆訳 / ハヤカワ文庫SF / (上)(下)各560円 税込カバー: 栗原裕孝Islands in the Net by Bruce Sterling 1988 少し前に読んでいて、ここに書くのをさぼっていたもの。 覚えてないなぁ& … “ネットの中の島々” の続きを読む