冷たい銃声 – ホークが主役だがスペンサーもしっかり絡む

投稿日: カテゴリー

冷たい銃声 / ロバート・B・パーカー / 菊池光訳 / ハヤカワ文庫HM / 840円+税カバーデザイン : 戸倉 巌(トサカデザイン)Cold Service by Robert B. Parker (2005) 賭け屋の護衛をしていたホークがウクライナ人ギャングに撃たれる。トニー・マーカスがボ … “冷たい銃声 – ホークが主役だがスペンサーもしっかり絡む” の続きを読む

疑惑のスウィング – ゴルフがメインにきて悪くない

投稿日: カテゴリー

疑惑のスウィング プロゴルファー リーの事件スコア 4 / アーロン & シャーロット・エルキンズ / 寺尾まち子訳 / 集英社文庫HM / 620円+税 表紙イラスト: カスヤナガト 装丁: 刈谷紀子(P-2hands) Where have all the birdies gone? b … “疑惑のスウィング – ゴルフがメインにきて悪くない” の続きを読む

防潮門 – こんなに口の軽い本格冒険小説の主人公はいない

投稿日: カテゴリー

防潮門 / アリステア・マクリーン / 沢川進訳 / 早川書房 / 1600円 装幀 生頼範義 Floodgate by Alistair MacLean 堤防が爆破され、スキポール空港に洪水が起きる。正体不明の「FFF」が犯行を表明し、オランダ国内の任意の場所での犯行を予告、実行に移していく。ファ … “防潮門 – こんなに口の軽い本格冒険小説の主人公はいない” の続きを読む

スラップスティック

投稿日: カテゴリー

スラップスティック / カート・ヴォネガット / 浅倉久志訳 / ハヤカワ文庫SF / 340円カバー 和田誠 Slapstick by Kirt Vonnegut, 1976 マンハッタンの廃墟に住むウィルバー・ダフォディル-11・スウェイン医師のひとり語り。彼は姉イライザとの双子で、見た目はネア … “スラップスティック” の続きを読む

リングワールドふたたび – 感想もふたたび変わらず

投稿日: カテゴリー

リングワールドふたたび / ラリイ・ニーヴン / 小隅黎訳 / ハヤカワ文庫SF / 700円 カバー: 鶴田一郎 The Ringworld Engineers by Larry Niven 1980 『リングワールド』から23年後。ルイス・ウーはスピーカー改めハミイーと共にパペッティア人ハインド … “リングワールドふたたび – 感想もふたたび変わらず” の続きを読む