破滅派創刊一号 – 手嶋淳と萩野七重がよかった

投稿日: カテゴリー

破滅派創刊一号 / 破滅派 / 時価 (2019年11月に文学フリマ東京で500円で購入)
発行 2007/11/11
表紙カット: 大友昇平 / 「破滅派」ロゴ: 足立喜一朗

表紙や背表紙にある「マレー・プレミエール社」ってなんだろう?

破滅派発刊の辞

ここから更に13年続けているんだよなと思うと言葉が出てきません…。称賛でも労いでも疲れた笑いでも何もかも違う感じ。

破滅派のサイトに同じ文章が掲載されています。

竹之内温『びでお・ビデオ』

日常の一瞬を切り取られ十何回も繰り返されるビデオの背景に映り込む僕と彼女。漫画と小説に身勝手な断面を切り取られを固定される僕。そして、6年が経過し小説家を辞めている小岩と困り果てている僕。発刊の辞がまんま再現されています。

ほろほろ落花生『RE:現代文』

第一問の王国のヴィジョン、第三問の戯曲は面白かった。センスが期待されていて回答は躊躇われますね。
Typo: 第二問(四)の解答用紙は40字分のマス目がある。

紙上大兄皇子『ないしょだよ』

ニコニコ笑って聞いている旅人も含めてやさしい世界

山谷感人『アル中日記』

烏滸 = 馬鹿げていてあるいは滑稽で人の笑いを買う様な有様を指す。
創刊号なんだから何か書けばいいのに、だから書けなかったんだろうな。

著:エドガー・アラン・ポー 訳:己戸春作『楕円の肖像』

勿体ぶった、らしい翻訳です。
内容ももちろんよかった。

エマニュエル・イタ子『痛女痛信スペシャル』

飛び跳ねるような文体が心地よくずっと読んでいたい文章でした。もちろんつづきの合コンの詳細も読みたい。

手嶋淳『後期高齢者後期』

上手いなぁ。身近な感覚や観察から妄想、未知の体験と転がるようにつながっていきます。今号での「水仙のめざめ」と並ぶベスト。

ちなみにこの雑誌には正誤表が入っていて、『後期高齢者後期』には2箇所の訂正があります。1番目はよくある不幸な話と思うけど、2番めの字下げはどうでもいいじゃん。って最初思ったのですが、読んでたらいやぁ、これは気になりました。不思議ですね。

貯畜・高橋文樹・ほろほろ落花生・紙上大兄皇子『ルサンチマン鼎談』

破滅派同人らの学生時代(2000年)の回顧、発刊の辞の夭折した兄弟への言及、展望。ちなみにネットを軽く探す程度では「新思潮」が今も続いているのかどうかはわかりません。
しかし「もう干されるのは嫌です。」ってこの時点で絞り出すようにい言ってて、そこから13年。今の活躍も嬉しいけどもっともっと目立ってほしい。

「新潮」11月号の宣伝(?)が出ていて最初はスルーしたけど(p.47)、ダメ元で13年前の文芸誌を amazon で検索すると…なんとあるじゃないですか!注文しました。読みます > 「アウレリャーノがやってくる」

(後日談) 以下のようなメールが amazon から来ました。

誠に申し訳ありませんが、古本倶楽部【午前9時までのご注文は当日発送】【通常24時間以内発送】へご注文いただいた商品(注文番号:#249-9933595-6446203)は、出品者の都合により、やむを得ずご注文がキャンセルされました。

要は在庫切れですよね、縁がないな…。別の店で再注文中です。

(更に後日談) 無事購入でき読了。「破滅派」そのものが舞台で驚いています。

田中椿『道徳』

つるはしの出自が面白かった。この短編のために「白雪姫」を思いついた感がないのは怖い。

新田昌英『アマトラとオタク』

ニコニコ動画が YouTube を凌駕していた時代に、フランスの動画アノテーションソフト「タイムライン」と比較した論考。タイムラインは 2011年位で更新が途絶え、ニコニコ動画も一時の盛り上がりは感じられませんが、論考自体は古びておらず面白い。「楽しもう、楽しくしよう」と、「映像の再解釈を発表しよう」とではユーザー層も目的もUIも異なって当然とは思います。

萩野七重『水仙のめざめ』

手錠や目隠しが一雄を見ないための小道具から自分に集中するために切り替わる発想と表現が良いです、滴る自分の体液とか。
改めてプロローグを読み返すと清子の今にも曝け出ようとしている内面がうまい導入になっていますね。

サクオ・アングロ『そんな服着てると雑巾投げるぞ』

冗談なのか本気なのかわかりませんでした。エマニュエル・イタ子の文章から戻ってきて、きっとセンスある人の本気の主張なんだろうなと思っています > ふち無しメガネはすっぴんを主張する。

今川久古『年輪』

「世にも奇妙な物語」みたいな話と言えばいいかな。
typo: リード文のバー -> 居酒屋

伊須方里峰『あの子に嫁いだ100円玉』

最後を締めるカチッとした気持ち良いエッセイ。中国武術留学の詳細やウーランの気持ち悪くない描写が盛り立てました。

購入

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です