本の雑誌7月号 (No.277)

本の雑誌 7月号 (No.277) / 本の雑誌社 / 530円 (505円)表紙デザイン 和田誠 / 表紙イラスト 沢野ひとし 特集は「読者投稿欄の真実!」。1位は「ミスターバイク」の「DOKUDOCK!」。読者というよりも編集者込みで評価されたよう。個人的には文中に出てくる「ジャンプ放送局」と「 … “本の雑誌7月号 (No.277)” の続きを読む

本の雑誌6月号 (No.276)

本の雑誌 6月号 (No.276) / 本の雑誌社 / 530円 (505円)表紙デザイン 和田誠 / 表紙イラスト 沢野ひとし 特集は「うれし恥ずかし秘密の一冊!」。単純にエロ本だったり、配偶者に内緒で買った高額の本だったりするのはまぁ笑って済ませられるけど、大藪春彦の向こうの片岡義男全巻ってのは … “本の雑誌6月号 (No.276)” の続きを読む

本屋大賞2006

本屋大賞2006 / 本の雑誌社 / 580円 (552円)表紙デザイン 多田進 / 表紙イラスト 多田順 大賞はリリー・フランキー「東京タワー」。なにやかにやと外野はうるさいですが、第1回から、もとい、本の雑誌誌上での書店員匿名座談会から見てきた人間としては何ら恥ずべきない立派な大賞。そのことは書 … “本屋大賞2006” の続きを読む

本の雑誌5月号 (No.275)

本の雑誌 5月号 (No.275) / 本の雑誌社 / 530円 (505円)表紙デザイン 和田誠 / 表紙イラスト 沢野ひとし 特集は「最強の友情!」ジャンル無制限の勝ち抜きトーナメント。知らないキャラが多くて今ひとつピンと来ませんでしたが「本の雑誌じゃなくて、○○○(雑誌の名前)だったら勝てたの … “本の雑誌5月号 (No.275)” の続きを読む

本の雑誌4月号 (No.274)

本の雑誌 4月号 (No.274) / 本の雑誌社 / 530円 (505円)表紙デザイン 和田誠 / 表紙イラスト 沢野ひとし 特集は「本棚だけが人生だ!」。私も狭い部屋に多すぎる本を抱える身ゆえ興味深く読みましたが、本棚メインの家を建てた永江朗、牧眞司、ただただうらやまし過ぎ。巻末、杉江さんの並 … “本の雑誌4月号 (No.274)” の続きを読む

本の雑誌3月号 (No.273)

本の雑誌 3月号 (No.273) / 本の雑誌社 / 530円 (505円)表紙デザイン 和田誠 / 表紙イラスト 沢野ひとし 特集は「全日本雑誌表紙王座決定戦!」。優勝は「グリッター」2月号。これで女性誌。本誌の白黒印刷だとよく分からなかったのですが、色使いいいですよね、ホント。ここまで突き抜け … “本の雑誌3月号 (No.273)” の続きを読む

本の雑誌2月号 (No.272)

本の雑誌 2月号 (No.272) / 本の雑誌社 / 530円 (505円)表紙デザイン 和田誠 / 表紙イラスト 沢野ひとし 特集は「お鍋ぐつぐつ快気祝いスペシャル!」。大森望、山岸真両氏の快気祝い兼入院したらどの本を読むか。入院したことがないので分かりませんが、本当に退屈するのでしょうか。性格 … “本の雑誌2月号 (No.272)” の続きを読む

おすすめ文庫王国2005年度版

おすすめ文庫王国2005年度版 / 本の雑誌社 / 735円 (700円)装丁 : 呉幸子 ジャンル別ベスト10のおすすめ紹介が良いです。特に、永江朗の現代文学、藤田香織の恋愛小説(導入部分はちょっとイタイ)、東えりかのノンフィクション、吉野仁の国内ミステリー、三村美衣のライトノベルには、いろいろと … “おすすめ文庫王国2005年度版” の続きを読む

本の雑誌1月号 (No.271)

本の雑誌 1月号 (No.271) / 本の雑誌社 / 6800円 (648円)表紙デザイン 和田誠 / 表紙イラスト 沢野ひとし 年末恒例のベスト10特大号680円です。編集部、鏡明、北上次郎のリストを見ていて、無性に読みたくなるのが池上永一「シャングリ・ラ」。設定、キャラクタ、ガジェットすべてが … “本の雑誌1月号 (No.271)” の続きを読む

本の雑誌12月号 (No.270)

本の雑誌 12月号 (No.270) / 本の雑誌社 / 530円 (505円)表紙デザイン 和田誠 / 表紙イラスト 沢野ひとし 特集は「立ち読みの研究」。読者にもっとも立ち読みされている雑誌が「本の雑誌」というところはいかにも。好きだからこそ、という気もしますがね。 注目は2ページ丸まる使った北 … “本の雑誌12月号 (No.270)” の続きを読む

本の雑誌11月号 (No.269)

本の雑誌 11月号 (No.269) / 本の雑誌社 / 530円 (505円)表紙デザイン 和田誠 / 表紙イラスト 沢野ひとし 特集は「フラメンコ書評の秘密」。と言っても公開座談会の内容をまとめただけの8ページ。だからと言うわけではないでしょうが、他の連載書評が充実していて鏡明の瀬名秀明「デカル … “本の雑誌11月号 (No.269)” の続きを読む

本の雑誌10月号 (No.268)

本の雑誌 10月号 (No.268) / 本の雑誌社 / 530円 (505円)表紙デザイン 和田誠 / 表紙イラスト 沢野ひとし 特集は「がんばれ、翻訳ミステリー」。売れてないそうです。非常にやばい状況とも。生まれたときからこの年まで、翻訳モノ一筋の私としては、困った状況です。まぁ、肌では何となく … “本の雑誌10月号 (No.268)” の続きを読む

本の雑誌9月号 (No.267)

本の雑誌 9月号 (No.267) / 本の雑誌社 / 800円 (762円)表紙デザイン 和田誠 / 表紙イラスト 沢野ひとし 創刊三十周年記念特大号第二弾。特集は「本の雑誌が選ぶ30年間のベスト30」。ベスト5は「透明人間の告白」をトップに以下、「風の博物誌」「影武者徳川家康」「火怨」「リプレイ … “本の雑誌9月号 (No.267)” の続きを読む

本の雑誌 8月号 (No.266)

本の雑誌 8月号 (No.266) / 本の雑誌社 / 680円 (648円)表紙デザイン 和田誠 / 表紙イラスト 沢野ひとし 創刊30周年記念特大号第1弾+2005年上半期ベスト1。 中では古川日出男「ベルカ、吠えないのか?」が面白そう。確か先月号でトヨザキ社長も褒めてました(一部、家系図を付け … “本の雑誌 8月号 (No.266)” の続きを読む

本の雑誌6月号 (No.264)

本の雑誌 6月号 (No.264) / 本の雑誌社 / 530円 (505円)表紙デザイン 和田誠 / 表紙イラスト 沢野ひとし 特集は「懐かし少女漫画リターンズ!」。「70年代少女漫画ベストテン」は若干、出席者の年齢が上で内容的にチンプンカンプンなものが多いものの、各人の思い入れが微笑ましく、楽し … “本の雑誌6月号 (No.264)” の続きを読む

本屋大賞 2005

本の雑誌増刊 本屋大賞 2005 / 本の雑誌社 / 580円 (552円)表紙イラスト 多田進 / 表紙デザイン 多田順 大賞は恩田陸「夜のピクニック」。最初に書評を読んだときからぐぐっと来ましたが、そうですか、大賞ですか。作者のコメントを読むと、日本全国に同様の行事があるとか。ご多分にもれず、私 … “本屋大賞 2005” の続きを読む

本の雑誌 5月号 (No.263)

本の雑誌 5月号 (No.263) / 本の雑誌社 / 530円 (505円)表紙デザイン 和田誠 / 表紙イラスト 沢野ひとし 特集は「学園天国」。好きなテーマですが、コミック以外じゃあまり手に取ったことがないからなぁ…と、思いつつ匿名座談会の「正しい学園小説とは何か」。イメージとして … “本の雑誌 5月号 (No.263)” の続きを読む

本の雑誌 4月号 (No.262)

本の雑誌 4月号 (No.262) / 本の雑誌社 / 530円 (505円)表紙デザイン 和田誠 / 表紙イラスト 沢野ひとし 特集は「短編小説」。既刊本にはどれもピンとこなかったけど、中村融が将来、作るかもしれないマーティン本は期待。 ビンゴ本郷の少女漫画学園もののスケジュール。高校1年:出会う … “本の雑誌 4月号 (No.262)” の続きを読む

本の雑誌3月号 (No.271)

本の雑誌 3月号 (No.261) / 本の雑誌社 / 530円 (505円)表紙デザイン 和田誠 / 表紙イラスト 沢野ひとし 特集は「活字のトリビア大集合!」。対談にさほど面白いものはなく(「星の王子さま」のポルノ・パロディ「ポルの王子さま」くらいか)、出版社のコネタの方が充実。 坪内祐三の読書 … “本の雑誌3月号 (No.271)” の続きを読む

おすすめ文庫王国 2004年度版

おすすめ文庫王国 2004年度版 / 本の雑誌社 面白そうな本がいっぱいです。 ベストテン1位は、あさのあつこ「バッテリー」。引きこもりの少年が、 なぜか絶滅寸前のトキに完璧に感情移入する阿部和重「ニッポニアニッポン」。サマンサ・ワインバーグ「DNAは知っていた」。四肢麻痺の科学捜査官リンカーン・ラ … “おすすめ文庫王国 2004年度版” の続きを読む