本の雑誌12月号 (No.330)

本の雑誌 12月号 (No.330) / 本の雑誌社 / 648円 + 税表紙デザイン 和田誠 / 表紙イラスト 沢野ひとし 今月号の最大の話題はウエちゃんも紹介しているとおり椎名編集人の勇退。既に「ぼくの知らない書き手のほうが増えてい」る状態なので、来月号から名実ともに浜本さんが編集人兼発行人にな … “本の雑誌12月号 (No.330)” の続きを読む

本の雑誌11月号 (No.329)

本の雑誌 11月号 (No.329) / 本の雑誌社 / 648円 + 税表紙デザイン 和田誠 / 表紙イラスト 沢野ひとし 特集は『カフェで本を読もう!』。少し前にあった「俺たち、カフェに行けるか?」問題からの発展でしょうか。ただカフェを正面から取り上げたのは冒頭の体験談だけで、あとは喫茶店に(泉 … “本の雑誌11月号 (No.329)” の続きを読む

本の雑誌2010年10月号 (No.328)

本の雑誌 10月号 (No.328) / 本の雑誌社 / 648円 + 税表紙デザイン 和田誠 / 表紙イラスト 沢野ひとし 冒頭は至る所で話題の『傷だらけの店長』。書店チェーンの雇われ店長が奮闘する話ですが、ただうな垂れるばかり。特に現在の書店業界を取り巻く厳しい状況を多少なりとも知っている者とし … “本の雑誌2010年10月号 (No.328)” の続きを読む

本の雑誌2010年9月号 (No.327)

本の雑誌 9月号 (No.327) / 本の雑誌社 / 648円 + 税表紙デザイン 和田誠 / 表紙イラスト 沢野ひとし 特集は「たちあがれ、翻訳ミステリー」。発売直後に大森望や古沢嘉通が Twitter 上を賑わしていましたが中身的にはどうということもない内容で、何を今さらという感じ。その点では … “本の雑誌2010年9月号 (No.327)” の続きを読む

十一番目の戒律

投稿日: カテゴリー

十一番目の戒律 / ジェフリー・アーチャー / 永井淳訳 / 新潮文庫 / 819円+税カバー装幀 : 辰巳四郎The Eleventh Commandment by Jeffrey Archer CIAの狙撃手コナーは、CIA長官の保身のため、捨て駒としてロシアに送られ、大統領候補ぜリムスキーの暗 … “十一番目の戒律” の続きを読む

ザ・スリー

投稿日: カテゴリー

暗黒の塔II ザ・スリー / スティーヴン・キング / 池央耿訳 / 角川書店 / 2000円 (税込)カバー・イラスト : 西口司郎The Dark Tower II : The Drawing of the Three by Stephen King ダークタワーシリーズの2作目。暗黒の塔を目指 … “ザ・スリー” の続きを読む

本の雑誌8月号 (No.326)

本の雑誌 8月号 (No.326) / 本の雑誌社 / 705円 + 税表紙デザイン 和田誠 / 表紙イラスト 沢野ひとし 特集は「上半期ベスト1」。それぞれの小説の面白さがコンパクトに述べられる良い導入。年度末ベスト10の、とっちらかった座談会と異なり、お互いが相手の話を一冊づつ丁寧に聞くスタイル … “本の雑誌8月号 (No.326)” の続きを読む

幻覚ピカソ (3)

投稿日: カテゴリー

幻覚ピカソ (3) / 古屋兎丸 / 集英社 / 600円 (571円)ブックデザイン chutte シリーズ最終巻。機械仕掛けの時計の絵に吸い込まれたピカソは、真っ暗闇の中で光を見つけます。お約束通りに最後は自分の闇に向かいますが、ここで他の兎丸作品同様、ストーリーや構成自体に仕掛けられていた謎と … “幻覚ピカソ (3)” の続きを読む

毎日母さん(6) うろうろドサ編

投稿日: カテゴリー

毎日母さん(6) うろうろドサ編 / 西原理恵子 / 毎日新聞社 / 880円 (838円)装丁 星野ゆきお (VOLARE inc.) そして子供は更に成長し、相変わらず中はいいものの、自我に目覚めたり、初めて親子で衝突したりと微妙に変化を見せ始めます。それでも「自分が、子離れ、できるか、けっこう … “毎日母さん(6) うろうろドサ編” の続きを読む