Blog

破滅派 14号 – 長崎朝「改元難民」がタイトルも中身も良かった

投稿日: カテゴリー

破滅派 14号 / 破滅派 / 500円 2018/11/25 発行 「Sci-Fire 2018」と同じく2018年11月の文学フリマで購入した同人誌で、オンライン文芸誌「破滅派」の紙版。初めての「文学系」同人誌でしたが、よい意味でフツーに読める面白い作品ばかりでした。 テーマは「改元」。平成を振 … “破滅派 14号 – 長崎朝「改元難民」がタイトルも中身も良かった” の続きを読む

Windows 上の VirtualBox に Ubuntu 18.04 LTS をインストールする

投稿日: カテゴリー

Windows 10 (64bit) 上に VirtualBox 5.2 をインストールし、仮想マシンを作成、その中に Ubuntu 18.04 LTSをインストールし、必要な設定を行いましたので手順をまとめておきます。VirtualBox 6.0 については末尾の「(追記) VirualBox 6 … “Windows 上の VirtualBox に Ubuntu 18.04 LTS をインストールする” の続きを読む

本の雑誌 2018年12月号 – 秋葉直哉の連載が終わってしまった。復活熱烈希望!!

投稿日: カテゴリー

本の雑誌 2018年12月号 (No.426) / 本の雑誌社 / 667円 + 税表紙デザイン クラフト・エヴィング商會 [吉田博美・吉田篤弘] / 表紙イラスト 沢野ひとし 特集は「理系本は面白い!」円城塔と山本貴光がそれぞれ理系本を100冊選んで望む対談に始まり、「数学」「遺伝子」「宇宙」「人 … “本の雑誌 2018年12月号 – 秋葉直哉の連載が終わってしまった。復活熱烈希望!!” の続きを読む

小説すばる 2018年10月号 – はじめての小説誌を面白く読みました。

投稿日: カテゴリー

小説すばる 2018年10月号 / 集英社 / 920円(税込) 表紙イラスト ヨシタケシンスケ / 表紙 AD albireo 生まれて初めて小説誌を購入しました。漫画雑誌と同様、苦手なジャンルや作家に幅広く触れられることができ、新しい発見が多数ありました。普段は翻訳モノがメインのため、日本語の文 … “小説すばる 2018年10月号 – はじめての小説誌を面白く読みました。” の続きを読む

本の雑誌 2018年11月号 – 北村浩子の冒頭の導入にブンブン頷きました。

投稿日: カテゴリー

本の雑誌 2018年11月号 (No.425) / 本の雑誌社 / 667円 + 税 表紙デザイン クラフト・エヴィング商會 [吉田博美・吉田篤弘] / 表紙イラスト 沢野ひとし 巻頭の「本棚が見たい!」は早川書房編集部の小塚麻衣子。お祖父さんの代からの書棚に、お父さんが整理した本や雑誌が並びます。 … “本の雑誌 2018年11月号 – 北村浩子の冒頭の導入にブンブン頷きました。” の続きを読む

ビブリア古書堂の事件手帖 ~扉子と不思議な客人たち~

投稿日: カテゴリー

ビブリア古書堂の事件手帖 ~扉子と不思議な客人たち~ / 三上延 / メディアワークス文庫 / 610円+税 イラスト: 越島はぐ / デザイン: 荻窪裕司 前巻で「一応」完結したシリーズの番外編、というか新章の始まりというか。時代は現代となり、栞子と大輔は結婚、娘の扉子は6歳になっています。構成は … “ビブリア古書堂の事件手帖 ~扉子と不思議な客人たち~” の続きを読む

本の雑誌 2018年10月号 – 定期購読の「本の雑誌」にスリップが入ってました!

投稿日: カテゴリー

本の雑誌 2018年10月号 (No.424) / 本の雑誌社 / 667円 + 税 表紙デザイン クラフト・エヴィング商會 [吉田博美・吉田篤弘] / 表紙イラスト 沢野ひとし 定期購読で届いた「本の雑誌」にびっくりするや嬉しいやら! なんとスリップが入ってる!! 初めて見ました。本屋で買えば抜か … “本の雑誌 2018年10月号 – 定期購読の「本の雑誌」にスリップが入ってました!” の続きを読む

本の雑誌 2018年9月号 – 文豪の条件は早死、自殺、変態らしい

2018年9月号(No.423) 指ぬき逃走号 (mixi用) 本の雑誌 2018年9月号 (No.423) / 本の雑誌社 / 667円 + 税 表紙デザイン クラフト・エヴィング商會 [吉田博美・吉田篤弘] / 表紙イラスト 沢野ひとし 感想 特集は『文豪とはなんだ?』。 本誌の文豪一覧の項目に … “本の雑誌 2018年9月号 – 文豪の条件は早死、自殺、変態らしい” の続きを読む

ハン・ソロ – 淡々と進みます

投稿日: カテゴリー

ハン・ソロ 監督: ロン・ハワード 脚本: ジョナサン・カスダン、ローレンス・カスダン 出演: オールデン・エアエンライク、ウディ・ハレルソン、エミリア・クラーク、ドナルド・グローヴァー TOHOシネマズ渋谷 感想 当初はコメディタッチで撮影が進んでいたものをプロデューサー側からのダメ出しで制作中止 … “ハン・ソロ – 淡々と進みます” の続きを読む