Blog

メモ WordPress ドキュメントの動画

投稿日: カテゴリー

Macで画面キャプチャーしてMOVファイルを作成し、iMovieでMP4ファイルに変換する。 Ctrl+Shift+5 範囲を選択して、「収録」をクリックする。収録が始まる。 操作する。 タッチバーで「停止」を押す。 右下の画像をクリックして開き、「完了」。MOVファイルが作成される。 iMoive … “メモ WordPress ドキュメントの動画” の続きを読む

本の雑誌 2022年4月号 – ソ連とかアイルランドとかただの背景だったのに

投稿日: カテゴリー

本の雑誌 2022年4月号 (No.466) / 本の雑誌社 / 700円 + 税表紙デザイン クラフト・エヴィング商會 [吉田博美・吉田篤弘] / 表紙イラスト 沢野ひとし 本棚が見たい!に登場した、本と珈琲と暮らす人、大森皓太のブックカフェ風自宅が超綺麗。決してい広い部屋ではなさそうだが、ごちゃ … “本の雑誌 2022年4月号 – ソ連とかアイルランドとかただの背景だったのに” の続きを読む

本の雑誌 2022年3月号 – 徳永圭子の「物語へ転げ落ちる言葉の魔法」がよかった。

投稿日: カテゴリー

本の雑誌 2022年2月号 (No.465) / 本の雑誌社 / 700円 + 税表紙デザイン クラフト・エヴィング商會 [吉田博美・吉田篤弘] / 表紙イラスト 沢野ひとし 特集は「文体は人生である!」 絶叫歌人福島泰樹のインタビューは編集発行人浜本の意向でしょうね。短歌の文体は「一人称詩型」だそ … “本の雑誌 2022年3月号 – 徳永圭子の「物語へ転げ落ちる言葉の魔法」がよかった。” の続きを読む

本の雑誌 2022年2月号 – 『東海道中膝栗毛』は19世紀文学だった。

投稿日: カテゴリー

本の雑誌 2022年2月号 (No.464) / 本の雑誌社 / 815円 + 税表紙デザイン クラフト・エヴィング商會 [吉田博美・吉田篤弘] / 表紙イラスト 沢野ひとし 特集は「選書の大海原に飛び込め !」 「選書」なんて、これまでまったく意識していませんでした。言われて確かにあるなぁ程度。定 … “本の雑誌 2022年2月号 – 『東海道中膝栗毛』は19世紀文学だった。” の続きを読む

本の雑誌 2022年1月号 –

投稿日: カテゴリー

本の雑誌 2022年1月号 (No.463) / 本の雑誌社 / 815円 + 税表紙デザイン クラフト・エヴィング商會 [吉田博美・吉田篤弘] / 表紙イラスト 沢野ひとし 山崎まどかの書棚は、7月の引っ越し直後とは言え、美しい。断捨離もしっかりできた、あるいはできているのでしょう。羨ましいです。 … “本の雑誌 2022年1月号 –” の続きを読む

アウレリャーノがやってくる – 破滅派に関わるすべてへの愛の物語

投稿日: カテゴリー

アウレリャーノがやってくる / 高橋文樹 / 破滅派 / 1800円+税装画: 今日マチ子 アウレリャーノがやってくる 美青年アマネヒトは姉の海を頼りに上京し、他人のために詩を語る「代理詩人」を始める。同じ肩書きの人間がいる縁で、同人誌発行団体「破滅派」に加わったアマネヒトは、代表の紙上大兄皇子、そ … “アウレリャーノがやってくる – 破滅派に関わるすべてへの愛の物語” の続きを読む

本の雑誌 2021年12月号 – 冒険小説復活か

投稿日: カテゴリー

本の雑誌 2021年12月号 (No.462) / 本の雑誌社 / 667円 + 税表紙デザイン クラフト・エヴィング商會 [吉田博美・吉田篤弘] / 表紙イラスト 沢野ひとし 特集は「ひとは本を読んで号泣するのか?」 おそらく泣き虫浜本編集発行人が企画し、「最泣」重松清インタビューをメインに据えた … “本の雑誌 2021年12月号 – 冒険小説復活か” の続きを読む

本の雑誌 2021年11月号 – 池上冬樹のハードボイルド読書ガイドが良かった。

投稿日: カテゴリー

本の雑誌 2021年11月号 (No.461) / 本の雑誌社 / 667円 + 税表紙デザイン クラフト・エヴィング商會 [吉田博美・吉田篤弘] / 表紙イラスト 沢野ひとし 高山羽根子の本棚で出てくる「カシマカスタム」ってなんだろう? と検索したら出てきました。いろいろこだわって作られた書棚のよ … “本の雑誌 2021年11月号 – 池上冬樹のハードボイルド読書ガイドが良かった。” の続きを読む

本の雑誌 2021年10月号 – 定年後も本を読む

投稿日: カテゴリー

本の雑誌 2021年10月号 (No.460) / 本の雑誌社 / 750円 + 税表紙デザイン クラフト・エヴィング商會 [吉田博美・吉田篤弘] / 表紙イラスト 沢野ひとし 特集は「定年後は本当に本が読めるのか!?」 楽しみにしていた特集ですが、薄っすら予想していたとおりの内容でした。老眼、現役 … “本の雑誌 2021年10月号 – 定年後も本を読む” の続きを読む

本の雑誌 2021年9月号 – 藤岡みなみの「繰り返す夏の一日」のループ感が良かった。

投稿日: カテゴリー

本の雑誌 2021年9月号 (No.459) / 本の雑誌社 / 667円 + 税表紙デザイン クラフト・エヴィング商會 [吉田博美・吉田篤弘] / 表紙イラスト 沢野ひとし 特集は「海外ノンフィクションが面白い!」 毎号、冬木糸一のノンフィクション系新刊ガイドや、円城塔、風野春樹の紹介本を面白く思 … “本の雑誌 2021年9月号 – 藤岡みなみの「繰り返す夏の一日」のループ感が良かった。” の続きを読む