カラフル

投稿日: カテゴリー

カラフル / 森絵都 / 文春文庫 / 510円+税 / 1998年イラスト: 長崎訓子 / デザイン: 池田進吾 (67) 大きな過ちを犯して死んだ「ぼく」は、輪廻のサイクルから外れるべきところを他人の身体に入りテスト – タイムリミット付きで前世で自分が犯した罪の記憶を取り戻すのか、 … “カラフル”の続きを読む

ビブリア古書堂の事件手帖 -栞子さんと奇妙な客人たち-

投稿日: カテゴリー

ビブリア古書堂の事件手帖 -栞子さんと奇妙な客人たち- / 三上延 / メディアワークス文庫 / 590円+税イラスト: 越島はぐ / デザイン: 荻窪裕司  「おすすめ文庫王国 2012」で1位を獲得した際は、へぇ、ラノベがねぇと思ってたらあれよあれよと大ヒット。今やメディアワークス文庫というか、 … “ビブリア古書堂の事件手帖 -栞子さんと奇妙な客人たち-“の続きを読む

おすすめ文庫王国 2015 – 1位は元横浜ベイスターズ投手のノンフィクション『球団と喧嘩してクビになった野球選手』!

本の雑誌増刊 おすすめ文庫王国 2015 / 本の雑誌社 / 760円 + 税表紙イラスト 長谷川仁美 / 表紙デザイン 呉事務所装幀会 本の雑誌のベストテンの1位はいつも驚かされますが、選考過程だけ読むといい加減にやっているようで、絶対、浜本発行人は読んで推しているのだろうなという信頼感があります … “おすすめ文庫王国 2015 – 1位は元横浜ベイスターズ投手のノンフィクション『球団と喧嘩してクビになった野球選手』!”の続きを読む

本の雑誌 2015年1月号 – 栗下直也「ノンフィクション ベスト10」が圧勝

投稿日: カテゴリー

本の雑誌 2015年1月号 (No.379) 特大湯たんぽ年明け号 / 本の雑誌社 / 778円 + 税表紙デザイン 和田誠 / 表紙イラスト 沢野ひとし  特集は「本の雑誌が選ぶ2014年度ベスト10」。もう書いてもいいでしょうから並べると 笹の舟で海をわたる 殺人犯はそこにいる 月日の残像 角田 … “本の雑誌 2015年1月号 – 栗下直也「ノンフィクション ベスト10」が圧勝”の続きを読む

2014年12月号(No.378) たぬきそば夜回り号 – 末井昭の「編集者十の大切」「雑誌十の定義」、「金水敏」が3度登場。

本の雑誌 2014年12月号 (No.378) / 本の雑誌社 / 648円 + 税表紙デザイン 和田誠 / 表紙イラスト 沢野ひとし  特集は「天才編集者・末井昭に急接近!」。 西原理恵子のマンガと、深夜女装して『パチンコ必勝ガイド』を宣伝する編集長という意識しかなかったので特集と言われてもピンと … “2014年12月号(No.378) たぬきそば夜回り号 – 末井昭の「編集者十の大切」「雑誌十の定義」、「金水敏」が3度登場。”の続きを読む

ラリイ・ニーヴン『時間外世界』を2回も読んでしまった。悔しい。

投稿日: カテゴリー

時間外世界 / ラリイ・ニーヴン / 冬川亘訳 / ハヤカワ文庫SF / 540円カバー : 鶴田一郎A World Out of Time by Larry Niven 1976 癌を患ったため冷凍睡眠に賭けたコーベルは200年後、<国>により、恒星間宇宙船のパイロットとして組成させら … “ラリイ・ニーヴン『時間外世界』を2回も読んでしまった。悔しい。”の続きを読む

本の雑誌 2014年11月号 (No.377) 七輪もくもく遁走号

本の雑誌 2014年11月号 (No.377) / 本の雑誌社 / 648円 + 税表紙デザイン 和田誠 / 表紙イラスト 沢野ひとし      ミュールに戦わずしてやられてしまった第一ファウンデーションだが、希望の光、第二ファウンデーションはどこにあるか分からない。前半はそのミュールが捜索し、後半 … “本の雑誌 2014年11月号 (No.377) 七輪もくもく遁走号”の続きを読む

乾くるみ『イニシエーション・ラブ』を 4回読んだ感想

イニシエーション・ラブ / 乾くるみ / 文春文庫 DESIGN: 岩郷重力+WONDER WORKZ。 PHOTO: George Doyle / Getty Images 献辞 大矢博子さんに(勝手に)捧ぐ。あなたの「紹介」は素晴らしかった。今も謎は残りますが…。 とにかく ネタバレ … “乾くるみ『イニシエーション・ラブ』を 4回読んだ感想”の続きを読む

いま二十代のSF翻訳志望者は次に何をすべきか?

翻訳家の古沢古沢嘉通さん(@frswy)がおもしろいツイートをされていました。 十年後、自分でセレクションするタイプのSF系翻訳家は、小川隆さん(1951年生)、若島正さん(52年生)などは、七十代、ダーコーヴァ訳者たちは六 十代で、選んで訳すペースは確実に鈍るはず。いま二十代のSF翻訳志望者は、十 … “いま二十代のSF翻訳志望者は次に何をすべきか?”の続きを読む