上京ものがたり

投稿日: カテゴリー

上京ものがたり / 西原理恵子 / 小学館 電車の中吊りで見た、連載開始の中吊りに感動しました。 東京に来て最初に気づいた事は、私がこの日のために用意したお気に入りのクツや洋服ぜんぶがものすごくかっこ悪かった事だ。

ブンとフン

投稿日: カテゴリー

ブンとフン / 井上ひさし / 新潮文庫 さすがに古さはどう仕様も無く、解説が褒め称えるナンセンスもくだらなくてページの無駄。メタ感も当時はともかく、現代じゃぁね。ただしラストの刑務所シーンは、芝居の放り投げ気味の強引なエンディング感があり、ちょっとよかった。ちょっと、だけど。

購入リスト#5

投稿日: カテゴリー

吾 (7) / 松本大洋 / 小学館上京ものがたり / 西原理恵子 / 小学館じみへん たたき売り / 中崎タツヤ / 小学館悪い笛 エハイク2 / 吉田戦車 / フリースタイルエンジェル・ハート (13) / 北条司 / 新潮社悪党 / ロバート・B・パーカー / 菊地光訳 / 早川文庫HMすべて … “購入リスト#5″の続きを読む

のだめカンタービレ (10)

投稿日: カテゴリー

のだめカンタービレ (10) / 二ノ宮知子 / 講談社 パリ篇突入。フランス語はどうすんだ?と思ってたら、出ましたぷりごろた。ヘンな説得力(?)があって、もう納得するしかないよね。ぷりごろたって、最初はただの一エピソードだったはずが、今やメインキャラ(?)の一人だもんな。しかも千秋がまたカズオにな … “のだめカンタービレ (10)”の続きを読む

DB Magazine 1月号

投稿日: カテゴリー

DB Magazine 1月号 / 翔泳社 スクリプト言語特集ということで期待したが、DB Magazineという性格上、仕方ないのかもしれないがフレームワークの利用法に終始し、ちょっと期待はずれ。Java寄りの雑誌なので、言語そのものの文法も最低限、触れていいと思うのだが。PerlやPHPやPyt … “DB Magazine 1月号”の続きを読む

本の雑誌 12月号 (No.258)

本の雑誌 12月号 (No.258) 読んでいたらビーチボーイズの「SMILE」が買いたくなった(P.32)。でもこれ全編レコーディングしなおしなのね。じゃぁ、ちょっとなぁ。「フィーヴァードリーム」のジョージ・R・R・マーティンによる「氷と炎の歌」第二部「王狼たちの戦旗」(P.46)。「ハイペリオン … “本の雑誌 12月号 (No.258)”の続きを読む

DB Magazine 12月号

投稿日: カテゴリー

DB Magazine 12月号 / 翔泳社 特集「Java&.NETで使えるDBアクセス技術」毎度の上辺だけの記事で閉口。Hibernateはちょっとおもしろい。O/Rマッピングは信用していないけど。フリーウエア特集があるもOracleばかりで使えず。付録のERwinはいいかも。

購入リスト#4

投稿日: カテゴリー

DB Magazine 12月号 / 翔泳社本の雑誌12月号 (No.258)神南火 / 星野之宣 / 小学館奇跡の少年 (2)(3) / 能條純一 / 講談社

本の雑誌 11月号

本の雑誌 11月号 (No.257) 冒頭の「今月の1冊」は赤木洋一「平凡パンチ1964」。本誌の連載でも津野海太郎「サブカルチャー創世記」、高橋良平「日本SF戦後出版史」、戸川安宣「少年の夢、夜の夢」と過去を振り返る連載がいっぱい。「あの頃」はまだまだ自由で、猥雑で、やりたいことが出来ていた、輝い … “本の雑誌 11月号”の続きを読む

エンジェル・ハート (12)

投稿日: カテゴリー

エンジェル・ハート (12) / 北条司 / 新潮社 前半は元白虎の白蘭の話し、後半は双子の姉の心臓移植を受けた男の話(つづく)。可もなく、不可もなく。表紙の シャンインの胸板がすごいが、実際はこんなもんかなぁ。