のだめカンタービレ (10)

投稿日: カテゴリー

のだめカンタービレ (10) / 二ノ宮知子 / 講談社

パリ篇突入。フランス語はどうすんだ?と思ってたら、出ましたぷりごろた。ヘンな説得力(?)があって、もう納得するしかないよね。ぷりごろたって、最初はただの一エピソードだったはずが、今やメインキャラ(?)の一人だもんな。しかも千秋がまたカズオになってしまうし。

作者にヘンな気負いは無く、中身は今までどおりののだめ。千秋との関係もいい感じでこのまま長く続いて欲しいです。次巻の見所はどうやって立ち直るのかと、カズオ付き指揮棒でしょうか。シュトレーゼマン早く出ないかな。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です