ブンとフン

投稿日: カテゴリー

ブンとフン / 井上ひさし / 新潮文庫

さすがに古さはどう仕様も無く、解説が褒め称えるナンセンスもくだらなくてページの無駄。メタ感も当時はともかく、現代じゃぁね。
ただしラストの刑務所シーンは、芝居の放り投げ気味の強引なエンディング感があり、ちょっとよかった。ちょっと、だけど。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です