本の雑誌 2015年2月号 – ホドロフスキーの「DUNE」見たい!

本の雑誌 2015年2月号 (No.380) / 本の雑誌社 / 667円 + 税
表紙デザイン 和田誠 / 表紙イラスト 沢野ひとし

『プタヴの世界』が終始、落ち着かない読み心地だったのに比べ、ハインラインの語るストーリーは滑らかです。そして「道路を止めるな」のゲインズ技師長や「月を売った男」の実業家ハリマンのような夢の実現に全力を注ぐ男の造形は読んでていて気持良い。設定としては道路を動かいしている労働者の反乱が面白い。

 

メモ
「生命線」その人がいつ死ぬかを完璧に予想できる機械を発明した男
「道路を止めるな」動く道路を動かし続けている労働者階級と、資産家階級の対立。テロ事件に対するゲインズ技師長
「爆発のとき」核増殖炉発電所と宇宙船の燃料
「月を売った男」月に行く夢をかなえるために奮闘する実業家ハリマン
「デリラと宇宙野郎たち」宇宙ステーションに送り込まれた一人の女性

 

atachibana

立花明 - 東京都在住、IT系企業勤務。 ブログでは本や映画の感想を中心に書いていますが、サイト構築の技術情報もたまに。WordPress Codex を中心に活動中。 連絡先はこちらです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です