輝く永遠への航海

投稿日: カテゴリー

輝く永遠への航海(上)(下) / グレゴリー・ベンフォード / 冬川亘訳 / ハヤカワ文庫SF / 各740円+税
カバー : 加藤直之
Sailing Bright Eternity by Gregory Benford, 1995年

「たまには頭をつかう本を読むか」と読んでいたら自分の書き込みが出てきて、既読だったんだ、まったく覚えていない…、と愕然とした作品。

有機生命体と機械生命体との闘いを描くシリーズ最終作。圧倒的な戦力の差に為す術もない有機生命体だが、無敵なはずの機械生命体にも弱点はあり、その秘密がナイジェル、キリーン、トビーの3世代に渡るビショップ属が持つものに含まれる。適当に書き連ねた(ように思える)割には意外と真っ当なオチが付いて「ほぉ」と思いました。いつもイライラさせられる小難しい表現も、今回は逆に魅力に思えたから不思議です。単純に2回目だからか (泣)

atachibana

立花明 - 東京都在住、IT系企業勤務。 WordPress Document Team メンバー。 連絡先はこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です