萌えるアメリカ

投稿日: カテゴリー

萌えるアメリカ / 堀淵清治 / 日経BP社 / 1680円 (1600円)装丁 木継則幸(インフォバーン) アメコミしか理解できないアメリカ人に、日本のマンガの良さを伝え、出版を成功させた人の自伝。 会社の名前はビズ(VIZ)。ちょっとがっかり。と言うのも、ネットで読める「PULP」のインタビュー … “萌えるアメリカ”の続きを読む

本の雑誌10月号 (No.280)

本の雑誌 10月号 (No.280) / 本の雑誌社 / 530円 (505円)表紙デザイン 和田誠 / 表紙イラスト 沢野ひとし 特集は「活字の人体実験!」助っ人3人が、それぞれ岩波本、ハヤカワ文庫SF、少女漫画を読み続けたら肉体的な変化があるか、というもの。正直企画倒れもいい所で、全編お茶らけた … “本の雑誌10月号 (No.280)”の続きを読む

女には向かない職業

投稿日: カテゴリー

女には向かない職業 / P・D・ジェイムズ / 小泉喜美子訳 / ハヤカワ文庫HM / 440円 古本屋で230円カバー: 菊地信義An Unsuitable Job for a Woman / P. D. James カレンダー卿から息子マークの自殺の再捜査を依頼されるコーデリア・グレイ。マークの … “女には向かない職業”の続きを読む

彼女を守る51の方法 (1)

投稿日: カテゴリー

彼女を守る51の方法 (1) / 古屋兎丸 / 新潮社 / 530円 (505円)デザイン・装丁 chutte / 表紙写真 UME お台場のテレビ局に就活で来ていた三島ジンは、中学時代の同級生、岡野なな子と再会直後、M8の直下型地震にあう。崩壊する東京、お台場。倒壊したショッピングモール、液状化現 … “彼女を守る51の方法 (1)”の続きを読む

シビュラの目

投稿日: カテゴリー

シビュラの目 / フィリップ・K・ディック / 浅倉久志、大森望、冬川亘訳 / ハヤカワ文庫SF / 777円 (740円)The Eye of the Sibyl and others / Philip K. Dickカバーイラスト 野中昇 / カバーデザイン ハヤカワ・デザイン 日本オリジナルの … “シビュラの目”の続きを読む

理由

投稿日: カテゴリー

理由 / 宮部みゆき / 新潮文庫 / 900円 (857円) 人に借りたカバー写真 大高隆 / デザイン 新潮社装幀室 荒川の「ヴァンダール千住北ニューシティ」で一家惨殺事件が発生する。部屋には中年夫婦と高齢の女性、部屋の下にはベランダから落下した若い男。そして、現場から立ち去った男が目撃される。 … “理由”の続きを読む