万祝 (5)

投稿日: カテゴリー

万祝 5 (ヤングマガジンコミックス)
万祝 (5) / 望月峯太郎 / 講談社 / 550円 (524円)

一気に「宝島」から「白鯨」へ。前巻からの流れを受け、今巻では圧倒的な描写力をもってして伝説の巨大鮫の凄さを見せつけてくれます。最後のカットの強いこと、強いこと。またカトーが綺麗な目をしていること、していること。いいですね。そんな中でも鮒子の純真さを描いたり、海賊の物語なので当然、裏切りがあったりして、キャラクター造形やストーリーテリングも冴え渡ります。凄い!!

atachibana

立花明 - 東京都在住、IT系企業勤務。 ブログでは本や映画の感想を中心に書いていますが、サイト構築の技術情報もたまに。WordPress Codex を中心に活動中。 連絡先はこちらです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です