時の果ての世界

投稿日: カテゴリー

時の果ての世界 (上) (ハヤカワ文庫 SF (1017))
時の果ての世界(上)(下) / フレデリック・ポール / 矢野徹訳 / ハヤカワ文庫SF / 620円(602円) 上下共
The world at the end of time / Frederik Paul
カバー 木嶋俊

他恒星系に移住した地球人たちだが、超知的生命体の抗争に巻き込まれ、恒星系ごと宇宙の深遠に投げ飛ばされる。主人公のヴィクターは3度の冷凍装置を潜り抜けながら、超知的生命体と共に宇宙の最終期を迎える。

だらーっとして何の盛り上がりもない作品。シーンごとの面白みは皆無で、行き当たりばったりとしか思えないストーリー構成、迷走する主人公。何だかなぁ。
ワン・ツの壮大な背景と、それに比べて矮小な戦いはそれなりに好みなんですが、どうにもヴィクターら人類との関連がなさ過ぎで、これはちょっとないやね。

atachibana

立花明 - 東京都在住、IT系企業勤務。 ブログでは本や映画の感想を中心に書いていますが、サイト構築の技術情報もたまに。WordPress Codex を中心に活動中。 連絡先はこちらです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です