竜とそばかすの姫 – 期待を裏切らない素敵な作品

投稿日: カテゴリー

「竜とそばかすの姫」2021年 / 監督、脚本: 細田守 出演: 中村佳穂、成田凌、染谷将太、幾田いら、玉城ティナ、佐藤健

面白かった。
冒頭から「サマーウォーズ」の仮想空間に「バケモノの子」の巨大クジラ、魅力的な楽曲と歌、「時をかける少女」を思わせる人物配置に、「サマーウォーズ」風の演出。こららのフックになるのが「美女と野獣」で、複雑な家族関係と事件を絡める。誰もが見たかった細田作品を完璧に仕上げました。

現代パートの恋愛ドラマ、竜を巡る廃校以降のシーンは特によかった。比べて母親の喪失、父親との確執と仲直りは今ひとつだった感。すずの優しさが伝わりすぎて、父親との関係がギクシャクしているのが不自然なんですよね…。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です