疑惑のスウィング – ゴルフがメインにきて悪くない

投稿日: カテゴリー

疑惑のスウィング プロゴルファー リーの事件スコア 4 / アーロン & シャーロット・エルキンズ / 寺尾まち子訳 / 集英社文庫HM / 620円+税
表紙イラスト: カスヤナガト 装丁: 刈谷紀子(P-2hands)
Where have all the birdies gone? by Aaron & Charlotte Elkins (2004)

男女混合の米国チームと英国チームでスコアを競う「スチュワートカップ」にラッキーな抽選枠で出場できることになったリー。調子を落としているアメリカチームキャプテンのロジャー・フィンリーらと共に団体戦に挑むが、試合開始前、「ロジャーの調子が悪い原因を知っている」と公言していたフィンリーのキャディのディランが殺害される。

ゴルファーを主人公にしながら周囲の環境や道具立てばかりを利用し、添え物的な扱いだったゴルフをここへ来て正面から描きます。ファーストショットの緊張感だったり、ウィニングショットまでの長いやり取りだったり。そこに初心者グレアムの気づきを挿入し、読者に同じ視点を持たせます。

意外やこれが成功し、事件が単純な分、話に起伏や緊張が生まれました。加えて割りと早い段階でルー・サピオの視点が入り、新機軸も期待されました(が、これは、その後パタリと途絶え、ぬか喜びでした)。

興味深かったのはロジャーが調子を落とした原因として 1作目と同じネタを持ち出し、これを 1作目の解説で東尾理子が指摘したとおりに理論展開し、反論します。やっぱりあれはまずかったのですね、プロにあるまじきこと。ところが、これが逆に真相にもつながっているという技を見せてくれます。おぉ、やるじゃん。

ところで過去3作はゴルファーとしての人生と、結婚の間の選択で結論の出ない悩みに苦しみ、グレアムが離れるのではという不安や焦りもあったはずですが、今作はあっさり、リーからプロポーズ。シリーズを終わらせるためでしょうかね。

次回はシリーズ最終作です。

 

 

atachibana

立花明 - 東京都在住、IT系企業勤務。 WordPress Document Team メンバー。 連絡先はこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です