リングワールドふたたび – 感想もふたたび変わらず

投稿日: カテゴリー

リングワールドふたたび / ラリイ・ニーヴン / 小隅黎訳 / ハヤカワ文庫SF / 700円
カバー: 鶴田一郎
The Ringworld Engineers by Larry Niven 1980

リングワールド』から23年後。ルイス・ウーはスピーカー改めハミイーと共にパペッティア人ハインドモーストに拉致され、リングワールドの物質変換機を探すことになる。

相変わらず大ネタ小ネタのアイデアは魅力的なのに、物語りや会話がぎこちないためにスピード感や説得力が感じられません。

第一部ラストのひまわり花のようなエピソードをあと数回繰り返し、そこにいくつか伏線を仕込んで、最後のシーケンスに持ち込むとかできないものか。ハミイーを休ませたのも疑問。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です