デリラと宇宙野郎たち

投稿日: カテゴリー

デリラと宇宙野郎たち / ロバート・A・ハインライン / 矢野徹訳 / ハヤカワ文庫SF / 540円
カバー : 野中昇
The Past Through Tomorrow by Robert A Heinlein, 1967

『プタヴの世界』が終始、落ち着かない読み心地だったのに比べ、ハインラインの語るストーリーは滑らかです。そして「道路を止めるな」のゲインズ技師長や「月を売った男」の実業家ハリマンのような、夢の実現に全力を注ぐ男の造形は読んでていて気持ちが良い。設定として道路を動かしている労働者の反乱が面白い。

メモ
「生命線」その人がいつ死ぬかを完璧に予想できる機械を発明した男
「道路を止めるな」動く道路を動かし続けている労働者階級と、資産家階級の対立。テロ事件に対するゲインズ技師長
「爆発のとき」核増殖炉発電所と宇宙船の燃料
「月を売った男」月に行く夢をかなえるために奮闘する実業家ハリマン
「デリラと宇宙野郎たち」宇宙ステーションに送り込まれた一人の女性

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です