プラグイン「Content Slide」は使えません。(旧: 画像スライドプラグイン「Content Slide」のインストールと使用方法)

投稿日: カテゴリー

2016年1月1日追記 – プラグイン「Content Slide」は使えません。

WordPress公式プラグインディレクトリから削除されています。

 


 

[2013年3月20日現在/WordPress V3.5.1/Content Slide V1.4.2]

「Content Slide」プラグインを使用すると、トップページなどで画像を交互に表示できます。
古屋兎丸非公式Webサイトでは「Content Slide」を使用して単行本案内の画像を表示し、クリックすると該当の詳細ページにジャンプするよう設定されています。

プラグインをインストールし、表示する画像を設定し、以下のコードを追加すると設定した間隔や効果で複数の画像が表示されます。

ただしプラグインを有効化するだけで、すべてのページに大量のJavaScriptとスタイルが埋め込まれてしまいます。ちょっと気持ち悪いですね。そのとりあえずの回避方法はこちらです。
画像スライドプラグイン「Content Slide」で不要なコードがすべてのページに埋め込まれる (解決)

インストール

  1. WordPress管理画面の「ダッシュボード」-「新規追加」を選択する。
  2. 「検索」ボックスに「Content Slide」と入力し、「プラグインの検索」をクリックする。
  3. 「Content Slide」プラグインの「今すぐインストール」をクリックする。
  4. 「(ネットワークで)有効化」をクリックする。

画像の準備

ここでは複数枚の画像を交互に表示します。

  1. 同じサイズの画像を複数枚準備する。古屋兎丸非公式Webサイトのトップページの場合は 960 x 250 を使用しています。
  2. ftp で画像をアップロードする。場所は「…/wp-content/plugins/content-slide/images」の下にしました。

設定

  1. WordPress管理画面の左サイドメニューで「Content Slide」をクリックする。
  2. 「General Settings」で以下を設定する。
    • Image width = 960
    • Image height = 250
  3. 「Effects & Animation Settigns」で以下を設定する。
    • Squares per widhth = 1
    • Squares per height = 1
    • Delay between images in ms = 6000
    • Effect = rain
  4. 「Imagess Sources Settings」で以下を設定する。
    • Use customer Images? = Yes, Custom Images
    • Number of custom Images = 3
  5. 一度、Save Settings をクリックする。
  6. Custom Image 1 で以下を設定する。
    • Image 1 SRC = http://usamaru.unofficialtokyo.com/wp-content/plugins/content-slide/images/ad_teiichi5.jpg (画像へのリンク)
    • Image 1 Link = /books/teiichi (画像がクリックされた際のジャンプ先)
  7. Customer Image 2、3 も同様に設定する。
  8. Save Settings をクリックする。

使用方法

トップページ用のhome.phpに、以下のコードを挿入する。

共通のindex.phpを使用して、トップページのみに表示するのであれば、以下のコードになります。

ただし上のような配慮をしてもプラグインを有効化するだけで、すべてのページに以下の様なJavaScriptとスタイルが埋め込まれてしまうのは前述のとおり。

回避方法はこちら。将来のバージョンではサポートされることを願います。
画像スライドプラグイン「Content Slide」で不要なコードがすべてのページに埋め込まれる (解決)

atachibana

立花明 - 東京都在住、IT系企業勤務。 WordPress Document Team メンバー。 連絡先はこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です