影に潜む

投稿日: カテゴリー

影に潜む (ハヤカワ・ミステリ文庫)
影に潜む / ロバート・B・パーカー / 菊池光訳 / ハヤカワ文庫HM / 800円+税
カバーフォーマット : 辰巳四郎 カバーデザイン : ハヤカワ・デザイン カバー写真 : (C) PPS通信社
Stone Cold by Robert B. Parker (2003)

二丁の拳銃を使った殺人が発生する。パラダイス署長のストーンは、高校で起きたレイプ事件や前妻ジェンとの関係を模索しながら、捜査を行うが第2、第3の事件が発生。無差別殺人の果てにストーンと別れた直後のアビイが殺害され、次の標的としてストーン自身狙われる。

最近読んだ『虚栄』は2006年なので、まだサニー・ランドルは出てきません。なのでこれまでのシリーズ同様、出てくる美人キャラ全員と寝るんだから美味しいキャラです > ストーン署長。一応はジェントの関係に悩み、幸薄い女性マーシイに辛く当たりますが、どう読んでもジェンがダメだろう。思いやりの欠片もない自己中で、ラストも計算ずくって感じ。ストーンが奔放に生きる理由付けにくだらない女性を配置しているのですかね?

事件は、猟奇的ながら明確な背景も心理も描かれず、ただ思わせぶりな台詞が続くだけ。最後も遠くの警察が捕まえた犯人を殴って終わりでは何のことやら。社会奉仕で終わった三人の扱いも理解できません。

atachibana

立花明 - 東京都在住、IT系企業勤務。 WordPress Document Team メンバー。 連絡先はこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です