この世でいちばん大事な「カネ」の話

投稿日: カテゴリー

この世でいちばん大事な「カネ」の話 / 西原理恵子 / 理論社 / 1300円
装画 : 西原理恵子 / 表紙・画 : 100%ORANGE/及川賢治 / ブックデザイン : 祖父江慎+安藤智好(cozfish)

青少年向けの本音新書というよりも西原入門書として最適な一冊。彼女の背景にある高知の原体験や高校、大学時代の様子、価値観等がコンパクトにまとまっています。熱心なファンには『女の子ものがたり』と『上京ものがたり』と『毎日かあさん』に既視感を覚えるでしょうが第3章のような自分のギャンブル癖を淡々と解説する新しい部分もあります(しかしここまで賭け麻雀をしていることを公言していて捕まらないんですかね?)

自分の立ち位置に応じた戦略を立て、一つ上を狙う。個人の生き方として誰にも依存せず、自分の足で立つこと等々、西原の親友、勝間和代が言っていることと変わらないんだろうな、きっと。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です