収容所から出された男

投稿日: カテゴリー

収容所から出された男 / ブライアン・フリーマントル / 飯島宏訳 / 新潮文庫 / 520円
カバー 辰巳四郎
Face Me When You Walk Away by Brian Freemantle, 1974

ソビエト文化省の命を受けてヨーゼフは、優秀な新人作家ニコライにノーベル賞を取らせること、そして記念講演ツアーに同行することを依頼される。精神的に落ち着かないニコライは、ヨーゼフの妻パメラや、カメラマンのエンデルマンらと関係を結びながら薬物中毒になり、ヨーゼフはその全責任を負わされることになる。

すっかりやられました。
全体の鬱々とした描写や、最後の尋問シーンなど毎度のフリーマントルで楽しく読みましたが、さすがに1974年という時代背景に古ぼけたものを感じていました。それはたとえば同性愛や妻の浮気をストーリー絡めるやり方や、証拠を収めた「モノ」等で、これで気を引くのは難しいだろう…と思った矢先の、展開に呆然。そう来たましたか…。同性愛を古ぼけたものと軽く読み飛ばしていた私自身、反省です。

atachibana

立花明 - 東京都在住、IT系企業勤務。 WordPress Document Team メンバー。 連絡先はこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です