漫画批評 Vol.2

投稿日: カテゴリー

漫画批評 Vol.2 / 500円
2009年10月20日発行

特集は「さよなら『ヤングサンデー』」。休刊後にこれだけ丁寧なフォローがなされていたとは知りませんでした。何となく一部の超メジャー作品だけが救われたのかと思っていたので、特に。
ところで単行本派の人間としては雑誌の色や流れにコメントする執筆者に「へぇ~」。「バンチ」の休刊、分裂の記事(vol.3にもある)も扱いが大きく、古屋兎丸さんが連載しているからたまたま知っていますが、さほど大きなニュースに思えません。関連して「最近の子ども達は雑誌の読み方を知らない」という意見を聞きますが、単行本派が増えただけじゃないかなぁ…。

インタビューは関連して(?)喜国雅彦さん。フェティシズムの王者兼、古本収集家として著名な彼ですが、編集者の望むように描ける(が、大化けはしない)器用な漫画家という紹介に違和感。もっとメジャーな人と思うのだけど…。

その他のページでは休刊を雑誌コードの立場から解説したり、『おおきく振りかぶって』の描き文字に文句を言ったり目の付け所も良いです。漫画の幅広い紹介も相変わらず冴えています。中でも『他人の家』は凄いなぁ。このカットだけで嫌さがページ中に充満しています。『ぼくらの』の「間」も良いですね。

atachibana

立花明 - 東京都在住、IT系企業勤務。 WordPress Document Team メンバー。 連絡先はこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です