ザ・スリー

投稿日: カテゴリー

暗黒の塔II ザ・スリー / スティーヴン・キング / 池央耿訳 / 角川書店 / 2000円 (税込)
カバー・イラスト : 西口司郎
The Dark Tower II : The Drawing of the Three by Stephen King

ダークタワーシリーズの2作目。暗黒の塔を目指すローランドの前に3つのドアが現れ、ジャンキーのエディ、多重人格者のオデッサ=デッサ、殺人鬼のモートンのそれぞれに接続する。ザリガニエビに食われた右手指と敗血症に苦しみながら、20世紀のニューヨークでローランドは銃撃戦を繰り返し、異界では砂浜を北上する。

前作『ガンスリンガー』にはさして感心しませんでした。本作はそれぞれに分かりやすいストーリーと構成があり、ザリガニエビによるタイムリミットがあり、開闢にふさわしいオープニングがありと、更には「俺ならこう書くね」というキングの多重人格物に対する挑戦めいた設定もあり、娯楽要素満載。実に楽しく読めました。
ローランドの右手指を奪ってしまったのは物語のスピード的にハンデが大きすぎる気もしますが、まぁ、キングのことですから折り込み済みなのでしょうね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です