湖水に消える

投稿日: カテゴリー

湖水に消える (ハヤカワ・ミステリ文庫)
湖水に消える / ロバート・B・パーカー / 菊池光訳 / ハヤカワ文庫HM / 819円(780円)
カバーフォーマット 辰巳四郎 / カバーデザイン ハヤカワデザイン / カバー写真 (C) Bohemian Nomad Picturemakers/CORBIS/amana
Death in Paradise / Robert B. Parker

湖で見つかった死体は誰のものか。なぜ殺されたのか。調査の過程で不幸な少女の生い立ちが浮かび上がる。パラダイス警察署長ジェッシー・ストーン第3弾。

と、あらすじで紹介するほど少女の過去を振り返らないので欲求不満。当然、彼女の過去へ言及されるものと思いきや、ボーイフレンドと分かれる際のさびしげな言動や、姉の家族への不満をもらす程度で、具体的に彼女を貶めたであろう母親との対峙や、もて遊んだ男たちへの復讐もなし。分かってないな。

逆に延々と出てくるアルコールやジェンとのやり取りはつまんね。ジェッシーに近づいてくる女性陣はどれも魅力的でそのまますぐセックスが始まるのはまぁ納得するんだけど、ジェンの描写には悪意すら感じられるほど素っ気無く、何故彼女にこだわらなければならないのかがまるで謎。

atachibana

立花明 - 東京都在住、IT系企業勤務。 WordPress Document Team メンバー。 連絡先はこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です