忍び寄る牙

投稿日: カテゴリー

忍び寄る牙 ジェッシイ・ストーン・シリーズ (ハヤカワ・ミステリ文庫)
忍び寄る牙 / ロバート・B・パーカー / 菊池光訳 / ハヤカワ文庫 / 840円(800円)
カバーフォーマット 辰巳四郎 / カバーデザイン ハヤカワデザイン / カバー写真 (C) Alamy PPS通信社
Trouble in Paradise / Robert B. Parker

ホモの家を焼き討ちしたティーンエイジャーの始末をしつつ、すべての女性キャラと寝て、スタイルズ島を襲撃する5人組と対峙する、と原題が示すとおり数々のトラブル対応に忙しい、パラダイス警察署長ジェッシイ・ストーン・シリーズ第2弾。

ジェッシイ自身は悪くないけど、果たしてスペンサー以外のキャラとして創出した意味があるのか、謎。将来的にはこの二人が出会うらしいのですが、どんな会話をするというのか? 悪役マクリンにはさしたる魅力はなく、仲間集めも、作戦もだらーっ、と。もちろん事件も、話しも、したがって小説全体も盛り上がりません。
一方、脇役陣の造りはうまい。パラダイス署の若手スーツケース、受付嬢モリイ、マクリンの恋人フェイ、魅力的な悪役クロウ(シリーズ物のお約束で最後には当然、生き残る)、などなど。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です