ハスキル人

投稿日: カテゴリー

ハスキル人 / 高木彬光 / 角川文庫

「SF?」と思ったら中身は超人がマスコミに踊らされたり、冷戦に巻き込まれたりと、特に宇宙人である必然性なし。執筆時期(昭和32年/1957年)を考えても、全体の8割を会話が占めるんじゃ、安易過ぎるでしょう。
死にそうなハスキル人が別の人に乗り移る「ヒドゥン」風の部分は感心。

atachibana

立花明 - 東京都在住、IT系企業勤務。 ブログでは本や映画の感想を中心に書いていますが、サイト構築の技術情報もたまに。WordPress Codex を中心に活動中。 連絡先はこちらです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です