海外対応 WiFi ルーター「GlocalMe G3」購入と事前確認のススメ

投稿日: カテゴリー

2017年8月にロサンゼルスに行きました。6月のパリと同様、当初は現地で SIM を調達予定でしたが、友人らと同行するため、私だけネットワークに接続できなかったり、SIM の調達に手間取ると周囲にも迷惑をかけそうです。そこで日本であらかじめ準備しておけるネットワーク環境をいくつか検討し、最終的には世界対応 WiFi ルーター、ここでは「GlocalMe G3」を購入しました。

製品の品質や価格には大満足ですが、Android ユーザーとして少し手間がかかりました。

ネットワーク環境の比較

私の携帯は楽天モバイルで、機種は ASUS Zenfone 2 Laser (Android) です。選択肢としては大きく以下の3つ。

  1. 楽天モバイルの提供する海外利用可能な「海外 SIM」の利用
  2. 海外対応の WiFi ルーターのレンタル
  3. 海外対応の WiFi ルーターの購入

このうち具体的な比較対象として 2. についてはよく広告を見る「イモトの WiFi」、3. についてはルーターだけ買って現地調達の SIM を装着するタイプと、SIM の入れ替えは不要でパケット代金さえ購入すれば良いタイプの2種類あり、ここでは後者、特に口コミ評価の良かった 「GlocalMe G3」を選択しました。

海外SIM イモトのWiFi GlobalMe G3
初期費用 3000円(SIM代金) 500円(受取手数料) 21990円
回線 3G? 4G LTE 4G LTE
アメリカ 500MB 4240円 30日有効 1GB/1日 1580円 1GB 12ユーロ 30日有効
フランス 500MB 3850円 30日有効 500MB/1日 1580円 1GB 10ユーロ 30日有効
参照 URL URL URL

(2017年11月11日現在)

海外SIMは今だけのことかもしれませんが悪い口コミが散見されますし、価格も高めです。

WiFiレンタルは魅力的な値段ですが、前日に自宅で、または当日に空港で受け取り、到着後すぐに返却というのが少しだけ抵抗があります。

買い取り式の場合、ランニングコストは低いものの、初期費用が2万円超。1年に数回海外に行く人であれば迷わず買い取り式でしょうが、私の場合では元が取れるか微妙です。

今回は GlocalMe G3 がモバイルバッテリーも兼ねるということと、何より確実を期したかったことから、思い切って購入しました。今後、海外旅行が増えるといいのですが。

GlocalMe G3 を購入する前に確認すべきこと: 設定アプリをインストールしてみる

GlocalMe G3 はスマホアプリを使用して設定を行います。製品単体に液晶画面があり、ここですべてが完結しそうなものですが、必要です。追加のデータを購入する際もスマホアプリ(またはPC)経由です。

そして GlocalMe G3 最大の問題はアプリがインストールできないこと。これは Android だけの問題かもしれませんがネットでも散見されます。買ったけど設定できず使えないのでは寂しいので、購入前にインストールして確認しましょう。

事前確認手順

  1. スマホで「App Store」(iPhone)、または「Play ストア」(Android)を起動する。
  2. 「Glocalme」で検索し、公式アプリ「Glocalme-Global roaming free」(ucloudlink) を開く。
  3. インストールする。

正しくインストールできれば OK です。恐らく iPhone は大丈夫でしょう。会社のスマホで試しましたがうまくいきました。

一方 Android で「対応していない」旨を言われてインストールできない方は以下を試してみてください。これが駄目なら別の海外対応 WiFi ルーターにした方が良いでしょう。

  1. スマホのブラウザで https://www.glocalme.com/index/index/downloadPage を開く。
  2. Android を選択し、保存する(下図左参照)。
  3. 設定 > セキュリティ を選択し、「提供元不明のアプリ」がオフになっている(下図右参照)をオンにして、提供元不明のアプリのインストールを許可する。嫌ですけど仕方ありません。
  4. 「ファイルマネージャ」を開き、「GlocalMe.apk」をクリックし、インストールする。
  5. インストールが成功しても失敗しても、手順3 の「提供元不明のアプリ」をオフにして、提供元不明のアプリのインストールの許可を取り消す。

  

ちなみに上の手順3で提供元不明のアプリのインストールを許可しないと、下図のような「インストールはブロックされました」が表示されます。アプリのアップグレード時にも毎回表示され、一時的な設定が必要です。ここらへんはきちんと対応して欲しい部分ですね。

GLOGCALNET との関係について

最初に商品を調べているときに混乱した部分なので明記します。

GlocalMe G3 は基本的に Amazon で購入します。今日(2017年11月11日)現在、最初に 1GB分のデータが付いていますが、足りなくなったらスマホアプリ、または PC で必要な分のパケット購入が必要ですが、画面は日本語に対応していません。またサポートは日本語で可能なものも Amazon のコメント欄かメールのオンラインのみです。

一方、GLOCALNETは、GlocalMe G3 等の機器をサポート付きで提供している会社です。月々の費用を支払う代わりに種々のサービスが受けられるようです。

設定から問題解決から全部自分でやる方は GLOCALNET との契約は不要です。逆にそのような方式に不安を覚える方、圧倒的に英語が苦手な方は GLOCALNET 等を契約するか、そもそも WiFi ルーターの購入を止め、レンタル等を利用したほうが良いと思います。

GlocalMe G3 の設定

設定は添付のマニュアルに従ってください。主な流れは以下です。

  1. GlocalMe G3 本体の電源を入れる。
  2. 上の確認手順でインストールしたスマホアプリを起動する。
  3. スマホアプリ上でアカウントを作成する。
  4. GlocalMe G3 本体でログインする。
  5. アプリの「My Device」->「Activate Device」で GlocalMe G3 とバインディングする。
  6. GlocalMe G3 本体を再起動する。
    => 画面に WiFi名「GlocalMe_XXXX」とパスワードが表示される。
  7. スマホの WiFi 設定画面から WiFi名、パスワードを選択し、接続できることを確認する。

使ってみて

ロサンゼルスの主な観光地で使用しましたが、接続できなかったことは1度もありませんでした。バッテリーの持ちもよく、フル充電しておけば1日は余裕でもちます。

4泊6日の旅行で、私1人が常時、時々3、4人が使用して800MB 程度の消費でした。ちなみに残りのメンバーはソフトバンクのアメリカ放題でした。Sprint の接続が途切れがちのため、私の GlocalMe G3 を使わせていたのですが、ホテルの部屋とかフリー WiFi のある場所でも勝手に接続していて閉口しました。なお GlocalMe G3 には現在接続している端末の一覧を表示する機能もあります。

おしまい

 

atachibana

立花明 – 東京都在住、IT系企業勤務。
WordPress Document Team メンバー。
連絡先はこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です