いま二十代のSF翻訳志望者は次に何をすべきか?

翻訳家の古沢古沢嘉通さん(@frswy)がおもしろいツイートをされていました。 十年後、自分でセレクションするタイプのSF系翻訳家は、小川隆さん(1951年生)、若島正さん(52年生)などは、七十代、ダーコーヴァ訳者たちは六 十代で、選んで訳すペースは確実に鈍るはず。いま二十代のSF翻訳志望者は、十 … “いま二十代のSF翻訳志望者は次に何をすべきか?” の続きを読む

第二ファウンデーション

投稿日: カテゴリー

第二ファウンデーション / アイザック・アシモフ / 岡部宏之訳 / ハヤカワ文庫SF / 420円 カバー 鶴田一郎 (下のカバーとは異なる) Second Foundation by Isaac Asimov, 1953 ミュールに戦わずしてやられてしまった第一ファウンデーションだが、希望の光、 … “第二ファウンデーション” の続きを読む

羅生門・鼻

投稿日: カテゴリー

羅生門・鼻 / 芥川龍之介 / 新潮文庫 / 200円 / 1968年カバー 高松次郎 (以下のカバーとは異なる) 「邪宗門」 芥川がこんな富士見ファンタジア文庫みたいな作品を書いていたのか!? しかもキャラ立ちは完璧。若殿と父との確執のエピソードも良いし、姫とのやりとりも実に今風で、若殿、草食系の … “羅生門・鼻” の続きを読む

パノラマ島奇談

投稿日: カテゴリー

パノラマ島奇談 / 江戸川乱歩 / 角川文庫 / 620円 / 1974年カバー 高橋葉介 「パノラマ島奇談」 その日暮らしの物書きをしながらユートピアの創造を夢想する人見広介は自分に瓜二つの富豪菰田源三郎が癲癇で死んだことを知り、船から身投げした風を装った上で、菰田家の墓地に忍び入り、墓から死人が … “パノラマ島奇談” の続きを読む

本の雑誌 2014年10月号 (No.376) 桃栗三年いも天号

本の雑誌 2014年10月号 (No.376) / 本の雑誌社 / 648円 + 税表紙デザイン 和田誠 / 表紙イラスト 沢野ひとし  「今月の一冊」『ひみつの王国』は、いしいももこ101年の人生の評伝。菊池寛のところでアルバイトするのが1920年代、太宰治に想いを寄せられ、プーさんとミッフィーを … “本の雑誌 2014年10月号 (No.376) 桃栗三年いも天号” の続きを読む

WordPress 4.0 へのアップグレード

投稿日: カテゴリー

WordPress 3.5.1 から 4.0 へアップグレードしました。 マルチサイト化していたため少し心配でしたが、アップグレード自体はまったく順調でした。 日英のページを作成する際に使用していたプラグイン「qTranslate」に互換性がなく、正しくページが表示されません。具体的には2番めの投稿 … “WordPress 4.0 へのアップグレード” の続きを読む

WordPressのバックアップ with BackWPup

投稿日: カテゴリー

ここではプラグイン「BackWPup V3.1.2」を使用してバックアップします。 WordPress はファイルとデータベースを使用していますので、この両方をバックアップする必要があります。BackWPup ではこれらをまとめてzipにできます。 BackWPupでは、どのようなファイルを、いつ、 … “WordPressのバックアップ with BackWPup” の続きを読む