ゴースト・ストーリー

投稿日: カテゴリー

ゴースト・ストーリー(上)(下) / ピーター・ストラウブ / 若島正訳 / ハヤカワ文庫NV / 640円(上)、680円(下) 税込
カバー 影山徹
Ghost Story by Peter Straub, 1979

落ちぶれた新興住宅地が深い雪に閉じ込められたとき、古代から営々と続く妖かしの化物がよみがえる、タイトル通りまさに、怪談。
プロローグの勿体ぶった導入に、最後は失望のオチが付くのだろうと恐れていましたら、予想に反して素晴らしいエンディングとして帰ってきました。上下巻の分厚い本ながら途中まったく飽きさせることなく、また焦点がぶれることもなく、実直に化物と人間の闘いを描きます。

そういえば『タリスマン』はキングらしからぬ、構成のはっきりしたストレートな物語でしたが、ストラウブの影響が大きかったのでしょうね。何となく語りが上手なところはジョン・ガードナーを思わせます。

atachibana

立花明 - 東京都在住、IT系企業勤務。 WordPress Document Team メンバー。 連絡先はこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です