さようなら、いままで魚をありがとう

投稿日: カテゴリー

さようなら、いままで魚をありがとう (河出文庫)
さようなら、いままで魚をありがとう / ダグラス・アダムス / 安原和見訳 / 河出文庫 / 683円 (650円)
カバーデザイン 永松大剛 (BUFFALO.GYM) / カバー装画 氷見こずえ / カバーフォーマット 佐々木暁

シリーズ第4作目。1作目のパロディーから軽やかにスタートし、新キャラ、フェンチャーチの可愛いさと、無くした電話番号に大笑いし、アーサーとの恋物語、プリーフェクトのおバカな冒険に期待しながら、ページをグイグイめくれば最後は …、え~~~っ、これで終わり!? と茫然自失、絶句。消えたイルカも、もう一つの地球も、金魚蜂も、フェンチャーチの悩みも解決せず、スラーティバートファーストも、トリリアンも出てこない。これはちょっとないんじゃないかなぁ。特に前作の壮絶に凝った作りを期待した私には、どんなエンディングが待っているのか期待しただけに残念でした。

atachibana

立花明 - 東京都在住、IT系企業勤務。 ブログでは本や映画の感想を中心に書いていますが、サイト構築の技術情報もたまに。WordPress Codex を中心に活動中。 連絡先はこちらです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です