マニエリズム

投稿日: カテゴリー

マニエリズム / 写真:古屋兎丸 モデル:りずむ / ダリオレコード / 2500円
デザイン:chutte

二人の直筆サイン入り限定1000部の大判(A3)写真集。とにかくでかい。広げて見ていると視界がすっぽり覆われ、倉庫や工場に立つモデルと二人きりの錯覚に陥ります。で、内容は空きチャンネル色の空の下、工場、廃線、倉庫街などの無機質で冷たい空間に、これまた無機質で冷たいモデル、りずむが佇みます。全編この調子で、ある意味、怖い。逆に少しでも笑っていたり、水着のサービス・カットがあると違和感を覚えます。コストの問題なのか、狙った効果なのか分かりませんが、紙のざらつき感がそのまま写真にも現れ、風景全体の感じと相まってアントニオーニの映画を見ている感じです。こんな感じなのに手元において何度も眺めているのは、何故でしょうね。

テーマにはエロがあるようですが、学生服の女の子がパンツを見せている写真から想像する「ショートカット」や「π(パイ)」の世界とはまったく逆の、「自殺サークル」や「プラスチックガール」の、ある意味、古屋兎丸のダークサイド(なのか、本質なのか)を忠実に見られます。モデルさんの体形が漫画のような理想形をしているのも驚き。ちなみに期待する向きには申し訳ないほど実用性には遠く、これで勃つ人間はちょっとまずいのではないか、と。

タイトルの「マニエリズム」。モデルの名前からきているだけなのかもしれませんが、一応調べると、

  • 「16世紀~17世紀イタリアを中心に展開、反自然的色彩、ゆがんだ人体構図、洗練された技巧による様式美が特徴。」http://gk.cool.ne.jp/gallery/gMannerism.html
  • 「流派(?)としてはイタリア美術。時期はルネサンス後期~バロックまでのものを指すそうです。なんでも、ミケランジェロがもう芸術は極めたので、もう俺らは真似するだけというトンデモな主張の元、真似っこ(maniera)したからマニエリズムらしい・・・。そう、マンネリの語源がこれ!!」http://blog.goo.ne.jp/leftofthemiddle/e/52eef8b75d8db35a28e7e3fe64d19eda

後半の説明が面白いですね。2006年1月1日現在、ダリオレコード http://dariorecords.com/ で購入可能です。

atachibana

立花明 - 東京都在住、IT系企業勤務。 ブログでは本や映画の感想を中心に書いていますが、サイト構築の技術情報もたまに。WordPress Codex を中心に活動中。 連絡先はこちらです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です