女の子ものがたり

投稿日: カテゴリー

女の子ものがたり
女の子ものがたり / 西原理恵子 / 小学館 / 900円 (857円)
装幀 星野ゆきお (VOLARE inc.)

みさちゃん、きいちゃん、私の女の子三人の底辺物語。「上京ものがたり」の一つ前の故郷篇といった感じで実際、私が街を出るところで話しは終わります。

この場所にいたら絶対に幸せになれないというムードが何ともはや。ほとんど実話だったりするんだろうなと思うと泣きたくなります。つらすぎる。全編閉塞感の固まりです。

atachibana

立花明 - 東京都在住、IT系企業勤務。 ブログでは本や映画の感想を中心に書いていますが、サイト構築の技術情報もたまに。WordPress Codex を中心に活動中。 連絡先はこちらです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です