血ぬられた神話

投稿日: カテゴリー

脅威の世界史 古代地中海 血ぬられた神話 / 森本哲郎編 / 文春文庫 扇情的なタイトルとは異なり、内容は実にまっとうな古代西洋史を巡る歴史対談。ポンペイを絡めたローマ文明、クレタ島のミノア文明、ホメロス&シュリーマンを絡めてミケーネ文明とトロヤ。神話と事実が一緒に語られる大らかさがいい。「 … “血ぬられた神話”の続きを読む

血ぬられた神話

投稿日: カテゴリー

脅威の世界史 古代地中海 血ぬられた神話 / 森本哲郎編 / 文春文庫 扇情的なタイトルとは異なり、内容は実にまっとうな古代西洋史を巡る歴史対談。ポンペイを絡めたローマ文明、クレタ島のミノア文明、ホメロス&シュリーマンを絡めてミケーネ文明とトロヤ。神話と事実が一緒に語られる大らかさがいい。「 … “血ぬられた神話”の続きを読む

本の雑誌10月号 (No.256)

本の雑誌10月号 (No.256) 鏡明 : 「「世界の中心で、愛をさけぶ」というようなタイトルを見ると、この本は、ぜったい読まないと、思ったりする。(中略)内容はどうあれ、他人の作品のタイトルを平然と使える精神が、想像できない。それは下品で、卑しいことだと、私には思える。」激しく同意。いつもは感性 … “本の雑誌10月号 (No.256)”の続きを読む

購入リスト#2

投稿日: カテゴリー

購入リスト#2 本の雑誌10月号 (No.256)犬夜叉 (37) / 高橋留美子 / 小学館エンジェル・ハート (12) / 北条司 / 新潮社デューンへの道 公家コリノ (3) / ブライアン・ハーバート & ケヴィン・アンダースン / 矢野徹訳 / ハヤカワ文庫忍び寄る牙 / ロバート … “購入リスト#2″の続きを読む

ブレードランナー3 レプリカントの夜

投稿日: カテゴリー

ブレードランナー3 レプリカントの夜 / K・W・ジーター / 大野晶子訳 / 早川書房Blade Runner : Replicant Night / K. W. Jeter レイチェルのコピー元サラが登場する前作は、映画内のミス(地球に逃げたレプリカントの数)や、疑問(デッカードもレプリカントか … “ブレードランナー3 レプリカントの夜”の続きを読む

ブレードランナー3 レプリカントの夜

投稿日: カテゴリー

ブレードランナー3 レプリカントの夜 / K・W・ジーター / 大野晶子訳 / 早川書房Blade Runner : Replicant Night / K. W. Jeter レイチェルのコピー元サラが登場する前作は、映画内のミスや(地球に逃げたレプリカントの数)、疑問(デッカードもレプリカントか … “ブレードランナー3 レプリカントの夜”の続きを読む

西洋骨董洋菓子店

投稿日: カテゴリー

西洋骨董洋菓子店 全4巻 / よしながふみ / 新書館 いい男とケーキと来れば誰も文句を言えまい。単なる人情話かと思いきや意外に「事件」が全巻、しっかり描かれ最後まで筋が通って強く面白い。多用される過去へのカットバックも心象を露にしていい感じです。これをBLと解釈する向きはどうかと。 先に見たTVド … “西洋骨董洋菓子店”の続きを読む

投稿日: カテゴリー

西洋骨董洋菓子店 全4巻 / よしながふみ / 新書館 いい男にケーキを付ければ誰も文句を言えまい。単なる人情話の連続かと思いきや意外に「事件」が全巻、しっかり描かれ最後まで筋が通って、強く面白い。多用される過去へのカットバックも心象を露にしていい感じです。ただし、これをBLと解釈する向きはどうかと … “”の続きを読む

ナイト・ソウルズ

投稿日: カテゴリー

ナイト・ソウルズ / J・N・ウィリアムスン編 キング、マキャモン他 / 山田順子訳 / 新潮文庫The Best of Masques / J. N. Williamson (Editor) 読了。これまでホラーのアンソロジーに感心したことは一度もありませんが、これは素晴らしい。オープニングのマキ … “ナイト・ソウルズ”の続きを読む