Blog

おすすめ文庫王国 2004年度版

おすすめ文庫王国 2004年度版 / 本の雑誌社 面白そうな本がいっぱいです。 ベストテン1位は、あさのあつこ「バッテリー」。引きこもりの少年が、 なぜか絶滅寸前のトキに完璧に感情移入する阿部和重「ニッポニアニッポン」。サマンサ・ワインバーグ「DNAは知っていた」。四肢麻痺の科学捜査官リンカーン・ラ … “おすすめ文庫王国 2004年度版” の続きを読む

購入リスト#7 (2005年1月分)

投稿日: カテゴリー

刑務所の前 (2) / 花輪和一 / 小学館π (7) / 古屋兎丸 / 小学館殴るぞ (6) / 吉田戦車 / 小学館天才柳沢教授の生活 (24) / 山下和美 / 講談社万祝 (4) / 望月峯太郎 / 講談社

エンジェル・ハート (13)

投稿日: カテゴリー

エンジェル・ハート (13) / 北条司 / 新潮社 前巻からの続きで移植心臓の提供者(姉)とその妹の話と、幸せを運ぶ少女の話(続く)。相変わらずのいい話で、それなりに読ませます。キャラ的に冴子が好きですが、今回の「ベタな本音」はイージー過ぎ、男の妄想入り過ぎ。

購入リスト#6

投稿日: カテゴリー

C++効率的最速学習徹底入門 / 柏原正三 / 技術評論社ホワイトハウス・コネクション / ジャック・ヒギンズ / 黒原敏行訳 / 角川文庫審判の日 / ジャック・ヒギンズ / 黒原敏行訳 / 角川文庫十四の嘘と真実 / ジェフリー・アーチャー / 永井淳訳 / 新潮文庫 文庫はすべてブックオフ鶴見 … “購入リスト#6” の続きを読む

犬夜叉(38)

投稿日: カテゴリー

犬夜叉(38) / 高橋留美子 / 小学館 神楽が、意外とあっさり死にました。「犬夜叉」ももう終わりか。キャラの中では殺生丸が、ステレオタイプながら、いい感じ。最後は奈落と討ち死に、で、どうでしょう? 翠子が善か、悪かは、悪にしておく。

悪党

投稿日: カテゴリー

悪党 / ロバート・B・パーカー / 菊地光訳 / 早川文庫HMSmall Vices / Robert B. Parker 女子大生殺人の罪を被せられた黒人の救出劇。途中、スペンサーが怪我を負うのは珍しいが、話しはシンプルで何の工夫もないし、灰色の男ルーガーを殺さず脇役陣に追加するのもお約束。読み … “悪党” の続きを読む

本の雑誌 1月号

本の雑誌 1月号 (No.259) 2004年度ベスト1は恩田睦「夜のピクニック」。チェックしていた本がベスト1とは…。買えってことか。ついでにSFのベスト1はグレッグ・イーガン「万物理論」。そろそろイーガンにも手を出すかなぁ。 連載陣では毎月目の付け所が良い柴口育子がいい。毎回、雑誌に … “本の雑誌 1月号” の続きを読む

星ぼしの荒野から

投稿日: カテゴリー

星ぼしの荒野から / ジェイムズ・ティプトリー・ジュニア / 早川文庫SF / 882円 (840円) カバー たまいまきこ Out of the Everywhere, and Other Extraordinary Visions / James Tiptree Jr. 「天国の門」のようなイー … “星ぼしの荒野から” の続きを読む

上京ものがたり

投稿日: カテゴリー

上京ものがたり / 西原理恵子 / 小学館 電車の中吊りで見た、連載開始の中吊りに感動しました。 東京に来て最初に気づいた事は、私がこの日のために用意したお気に入りのクツや洋服ぜんぶがものすごくかっこ悪かった事だ。

ブンとフン

投稿日: カテゴリー

ブンとフン / 井上ひさし / 新潮文庫 さすがに古さはどう仕様も無く、解説が褒め称えるナンセンスもくだらなくてページの無駄。メタ感も当時はともかく、現代じゃぁね。ただしラストの刑務所シーンは、芝居の放り投げ気味の強引なエンディング感があり、ちょっとよかった。ちょっと、だけど。