サンダー・ポイントの雷鳴

投稿日: カテゴリー

サンダー・ポイントの雷鳴 / ジャック・ヒギンズ / 黒原敏行訳 / ハヤカワ文庫NV / 800円+税
カバーイラスト: 生頼範義 / カバーデザイン: ハヤカワ・デザイン
Thunder Point by Jack Higgins, 1993

第2次世界大戦末期、ナチスの協力者名簿を持ったボルマンはUボートで南米を目指すがカリブ海でUボートは沈没する。現代において発見されたUボートから名簿を入手するためファーガスンはショーン・ディロンの手を借りる。

 

感想の順序が逆になりましたが『密約の地』よりも前の作品。

緊張感なく話が進みます。宿敵と一時的にでも一緒に食事するとかないなと思います。パナマ帽を被ってステッキを持ったファーガスンなど見たくないですよ。付き合うショーンまで間抜けに見えます。

 

atachibana

立花明 - 東京都在住、IT系企業勤務。 WordPress Document Team メンバー。 連絡先はこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です