トミーノッカーズ

投稿日: カテゴリー

トミーノッカーズ(上)(下) / スティーヴン・キング / 吉野美恵子訳 / 文藝春秋 / 各2700円+税
装画 : 藤田新策 / デザイン : 坂田政則
The Tommyknockers by Stephen King, 1987年

前半はボビとガードナーの矮小な話に始まり、中盤は架空の町ヘイヴンと住民の話、そして最後はいつもの全員ごった煮の大騒動。何を言ってもネタバレになりそうな、これまでのキング作品とはまったく異なる作品。この手の話が好きな私でも、あまりのくだらなさに困ってしまいます。たとえば壊れた時計台の処理とかねぇ…。様々なキャラクターの造形は素晴らしく、中ではボビの姉アンの造形が最高でした。

なお実際に読んだのは半年ほど前で、今、この書き込みのために読み返していますが、原子力発電所への言及が笑えません…。元々は偏執狂的なガードナーの役作りのために、直前に起きたチェルノブイリ事故を絡めただけなのでしょうが、あまりにもあまり。

個人的には重要な話を一つ。本書にはクーンツの『ウオッチャーズ』への言及が然るべき要素として出てきます。『12月の扉』の解説で尾之上浩司が、キングはクーンツへのリアクションがほとんどない、と書いていてずっと気になっていたのですが、内容をきちんと読んだ上で評価している事が分かります。20年に及ぶ疑念が解けた次第。

atachibana

立花明 - 東京都在住、IT系企業勤務。 WordPress Document Team メンバー。 連絡先はこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です