血ぬられた神話

投稿日: カテゴリー

脅威の世界史 古代地中海 血ぬられた神話 / 森本哲郎編 / 文春文庫

扇情的なタイトルとは異なり、内容は実にまっとうな古代西洋史を巡る歴史対談。ポンペイを絡めたローマ文明、クレタ島のミノア文明、ホメロス&シュリーマンを絡めてミケーネ文明とトロヤ。
神話と事実が一緒に語られる大らかさがいい。「イリアス」「オデュッセイア」を読んだときも同じ感想を持ったが、特に「アルゴ探検隊の大冒険」での大好きなシーン、上で見ている神様が介入してきて、それに人間が翻弄されるくだりを思い出した。
ゼウスが何故、何人もの女性と関係を結ぶのか、の説がおもしろい(P.204)。曰く、各部族それぞれが最高神をもち、みな神の子孫を名乗っていたところを、神々の統合が行われ、ゼウス一人が最高神になったため、ゼウスは嫌でも方々の女性と浮気をしなければならない。ふむ。もっとも男の貞操は大目に見られていたようですが。

造本的な工夫が多々。クロスリファレンス、脚注、図版、地図等の充実で素人にも分かりやすい。素晴らしい労作ですが、何で原書の「NHK文化シリーズ歴史と文明 埋もれた古代都市4 西欧文明の起源」が「血ぬられた神話 」にするのか、売らんかな?

シュリーマン「古代への情熱」
アイスキュロス「アガメムノン」

atachibana

立花明 - 東京都在住、IT系企業勤務。 ブログでは本や映画の感想を中心に書いていますが、サイト構築の技術情報もたまに。WordPress Codex を中心に活動中。 連絡先はこちらです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です